読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カープ、死闘の果て

カープ

40億超の巨人重量打線相手にルーキー篠田が果敢に挑みかかったが、中継ぎがいけなかった。ノーコンのシュルツが満塁を招き、頼みの永川は3ランを浴びた。しかし、しぶとく反撃して延長戦に持ち込み、梅津が3イニングを好投して引き分けに終わった。

もう何も言えない。一番悔しかったのも、頑張ったのも選手だろう。冷静に考えれば、あの一発打線と市民球場でやり合うのもラスト。来年からは一発に怯えることもない……と思うと寂しいような、あと2戦もあるんかい!というような……

それにしても誰か巨人止めてくれマジで!