読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今秋のOSSセッション

10月末のOSC2009 Tokyo/Fall でセッションやります。ぼちぼち動けるようになったので、今後は開発話にシフトして、毎回なにか新しいものが見せられるように頑張ります。

で、今回はインストールやダウンロード、依存性解決の自動化に関する機能の紹介をします。長ぇよ! ……単的に言うと、面倒くさいことはbotにやらせようって取り組みです。解決したいことは、

  • デカいパッケージのアップロードが面倒なのでbotにやらせたい
  • パッケージを小分けにしてコンパクトにすると、不慣れな人が必要なものをダウンロードすることになり不親切だったので、botにやらせたい
  • 小分けにするとそれぞれのモジュールやテーマの相互依存性の解決が面倒だったのでbotにやらせたい
  • これらの情報をひとつの情報源で管理するのはCube的じゃない*1ので、分散させてbotに巡回させて収集したい


まぁ bot と書きましたが、現時点ではただの自動機能ですし、当面の目標は cygwin です。開発を通じて、統一されたマニフェストと、(そのうちソルバーと呼べる程度のものが積まれて)ソルバーのアルゴリズムも概ね共通化されていくだろうと踏んでます。

id:tohokuaiki さんのサーバーサイドインストーラが先行しており、僕のクライアントが後から追っかけてますが、どちらも当日デモができるように頑張ってます。

この取り組み、完全に使えるようになるのはまだ先です。僕としては、これらの機能の強力なテスターとして構築業者さんや、マニフェストを記述することになる開発者の方の意見を聞きたいので、朝イチのセッションですが是非お越しいただければと思います。

今回のセッションは Tom さんと id:tohokuaiki さんの脳内にストアされ、 OSC 九州や、名古屋の勉強会へも情報いくと思います。

*1:単に僕がそういうのが鳥肌立つくらいキライってだけだけど