読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これから始まる会社員人生を漢字一字で表すと「挑」

 いやすごい!すばらしい!
 桃じゃないですよ。挑戦の挑です。

4万9488円と3万6103円——新社会人の堅実な金銭感覚
これから始まる会社員人生を漢字一字で表すと? 4月に新社会人になる予定の学生に聞いたところ、トップは「挑」であることが、ユーキャンの調査で分かった。「挑」を選んだ理由として、「たくさんの新しいことへ挑戦していくことになると思うので」「チャレンジする心を大切にしたいので」などがあった。

 僕の身の回りの話になっちゃいますが、ちょっと前までは、若い人ほど保守的な印象があって、嫌な傾向だなぁと思っていました。やっぱり時代時代で考え方も感性も違うみたい。

 実のところ社会人の生き方としては、何かを自分でやるよりも、他人のやったことに口出しするほうが「苦楽」でいえば、「楽」です。ちょっと昔の話だけど、「ものを作ったら負けです」ときっぱり言い切った若い人もいた。ものを使う人、選ぶ人、批判する人という立場がいいんだと。前ちょっと書いた技術のエンドユーザーというやつです。これからの時代、技術者の定義がどう変わるか分かりませんが、それにしたって入社2年目でそりゃねーよ、みたいなショックがあったなぁ……

 ただ、なんだかんだで、どの会社の評価制度も最低限よくできていて、そういう人は給料が上がらないようになっている。だから、そういう人は最終的には自分の置き場所を別のコミュニティに置くしかなくなっちゃうんですよね……それが転職だったり、また別の行いだったりするんですけど……あまりうまくいった話は聞かない。

 心を強く持って挑戦を続ければ、そういう人たちとは、また全然違う人生を歩めると思う。確実に色々言われ、妨害され、協力を得られず、時に孤独になり、結果を出せなかったときはこれまでにない体験をすることになると思いますけど*1。挑戦が必ず報われるわけでもなかったりするが、かなり健全な足跡を残せるので、「挑」という選択はすごく素晴らしいと思う。

 ひとまわり世代が違うけど、わしも負けんぞ!と思う。ただ、新社会人の世代の人たちにとっては、ジイサンたちじゃなくて近々の先輩の世代(つまり僕のちょい下くらいの後輩)が大きな壁になるかも……

 ドラマなんかでは、よく年食った保守的な爺さんが出てきて、若い人のチャレンジへの壁になるような展開が描かれますが、年齢ではなく、保守とリベラルが何年かの周期で入れ替わりながら世代を重ねているんじゃないかという気がする。保守の人はリベラルの先輩とリベラルな後輩に挟まれ、リベラルな人は保守の先輩と保守の後輩に挟まれるみたいな……

 ひとまわり先輩とかひとまわり後輩の人のほうが話が合うことってありませんか?

 景気の波とかとなんか関係あるのかな。

*1:このへんが挑戦するより挑戦した人に指を突きつけるほうがら楽だといわれる所以かもしれない